カーリース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

現在、新車の個人向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら現金10万円等が当たるお得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


国産車195種類!新車月額5,500円~
リース期間月額料金車種
5年・9年5,500円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km「車検・税金・オイル交換」込み など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
  • 月額費用が安い
  • 審査に通りやすい
  • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
  • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。

動画で学ぶ!車リース()

車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

車リース人気車種一覧

車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

はじめての新車リースQ&A

車リースに関するQ&Aです。

Q.車リースのメリットは?

車リースのメリットは、

  • 頭金不要で新車に乗れる
  • 月々の支払額が抑えられる
  • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
  • メンテナンスが楽

です。

Q.車リースのデメリットは?

車リースのデメリットは、

  • 走行距離が決められている
  • 購入よりも支払総額が高くなる
  • 期間中の解約が原則できない
  • カスタマイズに制限がある
となります。

Q.車リースに向いている人?

日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

つまり、

  • 月々の支払額を抑えたい人
  • まとまった資金がない人
  • 車のメンテを任せたい人
  • あまり長距離乗らない人
といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

Q.車リースに向いていない人?

逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

  • まとまった資金がある人
  • 車のメンテを自分でできる人
  • 自分好みにカスタマイズしたい人
  • 走行距離が多い人

一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

Q.安い車リース会社はどこ?

頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

車を売りたい方向けコラム

引越しにより駐車場を確保することが出来ず、ほとんど乗車の機会も無かったこともあり、思い切って車を売却に出すことに決めました。

でも、いざ車を売却するとなると、どのような手続きをしなければならないのか分からず色々悩んだんですが、買取業者の担当者さんが親切だったため、スムーズな取引ができました。

車を高く買い取ってもらうには、査定で最高の評価をしてくれる業者を探す努力を惜しまないでください。

車査定一括サイトを活用して探すのがおすすめです。

それから、見積と現物査定が一致するような車の内外をキレイにしてください。

少なくとも車内清掃とニオイ取りは必要です。

現物査定の席で、買取額アップの交渉に励んでみるのも良いのではないでしょうか。

チャイルドシートを設置している車を処分しようと思ったら、実車査定前に撤去しておきましょう。

車の査定は車本体が対象であってチャイルドシートの有無はプラスになることはまずないからです。

しかしながらチャイルドシートのように使用時期の限られるものはUSEDで探している人も多いですから、取り外してからリサイクルショップなどで売れば値段がつかないということはありませんし、美品のブランド製品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。

自家用車の買取サービスには、離島等でもない限り手数料はかかりません。

といっても、売買が決まれば車の名義変更をしますが、買取業者に手続きを委託するのであれば代行手数料が必要です。

なかには代行手数料無料という会社もありますが、有料の場合はあとで振り込まれる売買代金から差し引かれることもありますし、契約書にサインしたのち、現金や振込などで支払うこともあります。

そのときの領収証や振込票はすべての手続きが済むまでは大事に保管しておきましょう。

また、手続きの際には所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、印紙代として数百円ほど必要になります。

少し前に、一括査定サイト経由で申し込みをして、車査定を出張で受けてみました。

無料で受けられたので、査定に手数料はかかりませんでした。

新車を買ったところで下取りに出したときには、査定料もかかりましたし、本当は買取の方が得だったことが明らかになり、この先は、下取りより買取の方がいいと思っています。

ネットで売却するというのも考えましたが、他のネットオークションよりも、車の売却はトラブルが多いと言われますし、きちんと対応できる自信もないので、業者に買取を依頼した方が気が楽です。

自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが車を高く査定してもらうには効果があるのです。

たとえ車が洗ってあっても洗ってなくても、車の見積額がプラス査定されると言うことはほとんどありません。

でも、愛車を丁寧に扱うオーナーであると言うことを印象づけるポイントになり得るのです。

車を雑に扱っていた人よりも印象が良いですから、きっと見積額にも良い影響を与えることになるでしょう。

車を売るならまず下準備を整えておくと、いざ査定というときにバタバタすることもなく、査定額にプラスに作用することもあります。

準備というと大げさな気がしますが、車内外の掃除は不可欠です。

ノーマルなら問題ありませんがパーツをいじっている車は、ノーマルの状態に復帰してから査定してもらうほうが良いです。

業者による査定では純正品のままのほうがプラスの査定がつく傾向にあります。

それと、短い時間で売却したいならあらかじめ必要書類を揃えておくと良いでしょう。

あまり馴染みがないかもしれませんが、自動車を業者に買い取ってもらうのではなくて、対個人で売却する方法もありますね。

中間業者が介在しない分だけ、売り手はより高く、買い手はより安く売買可能になるのです。

でも、契約に関する手続きなどは全部個人間で執り行いますから大変煩雑ですし、支払いに関するトラブルが起きる危険性も増すでしょう。

金銭面に関して言えば、極力一括払いでお願いするようにするといざこざに発展する可能性が低くなるでしょう。

\おすすめ1位の定額カルモくん/

新車リース申込ならココ↓