車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

現在、新車の個人向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車も耐久年数がありますし、遅かれ早かれ買い換えの時機というのは訪れるものですが、今乗っている車を売却しようとする際、多少なりとも高い金額で売れれば良いのに、と願うのではないでしょうか。

    売却したい車のボディカラーが、もしも一般に人気の高い色だったなら、査定を受けてみると案外いい値段がつけられたりすることがあります。

    車の人気色は流行があり、変わっていくものではあるものの、例えば白、黒、またはシルバーなど、あまり主張しないような色はいつの時代においても、もちろん現代においても人気を維持し続けています。

    車を専門業者のところに持って行きますと、買取をお願いすることができます。

    申し入れる場合は、店舗によって査定金額が同一ではないことに注目することが必要です。

    それぞれの業者を照らし合わせることで、高い査定を受けることができます。

    どんな車のタイプなのか、あるいはいつのタイミングなのかで違いがありますが、外車の場合は事情が違って、車買取業者に売ろうと思った時に納得のいかない査定額になることが多発します。

    手放すのが外車であった時には、外車の買取を専門に行っている業者か、「外車の買取は是非わが社へ」というような宣伝をしている業者に査定依頼に出すことが重要です。

    また、大事なのは、買取業者数社に査定してもらうことです。

    中古車を売る場合には、書類が色々と必要なのです。

    いくつか例を挙げれば、車検証はもちろん発行後1ヶ月以内の印鑑証明、自賠責保険証明書、自動車納税証明書などがメインで、ほかには実印も準備しておくことが必要です。

    あとは実際の店舗で準備する書類として、譲渡証明書、委任状などもあります。

    中古車買取業者の中には、軽自動車専門だったり、事故車や輸入車など、特定ジャンルの車の販売を得意としていたり、または専門的に扱っている買取業者があるのです。

    もし自分が売ろうとしている車が軽自動車だったら、当たり前ですが、軽自動車販売が得意な店舗に依頼した方が多分買取額が高くなるはずです。

    このような特定ジャンルに特化した業者は一括査定サイトを利用した際に、通常の店舗よりも幾分査定額がアップされているので、それと分かるのです。

    車は買い取って欲しいけれど多忙で店舗に出向く時間が作れないという方は、出張査定を利用すれば、業者が自宅まで来てくれます。

    出張査定には手数料や費用がいくらかかるか気にかけている方もいらっしゃるようですが、多くの場合は無料で行っているので安心してください。

    出張査定の日程などを決める場合、WEB上での申し込みは24時間いつでも可能ですし、大手業者ならば大抵は申込用のフリーダイヤルを設けています。

    車を売ろうと思って買取業者に持って行くと、「買い取り金額は0円です」と言われることがあるでしょう。

    売却予定の車が走行距離10万km以上だと過走行と呼ばれる状態で査定が0円だったり、破損状態が大きくて大部分を修理で治した事のある車などは査定金額がゼロ円になることもままあります。

    幾つかの中古車販売店で査定をお願いしてもどの業者でも査定金額が出ない場合でも、一般的な買い取りではなくて廃車専門の買取業者へ買い取り依頼することもできますから、落胆して売却を止めてしまう必要もないということです。

    車の下取りで気をつけるべき事は、自動車税に関してのことです。

    これは、販売店によって異なるようです。

    普通はきちんと説明してくれます。

    実際、排気量が大きめの車では、数万円となりますので、軽く見てはいけません。

    逆に、軽の場合は数千円の話だから、あまり気にすることもないでしょう。

    愛車を売却するときに気をつけたほうがよいのが、メールまたはネット上で決められた金額です。

    これは、車の価格を決めるときに起こりやすいトラブルの原因です。

    この値段で落ち着いて業者を呼んで、見積もってもらうと、車にダメージがあるのでネットの査定額よりも少なくなってしまいがちです。

    従って、出張査定の際も何ヶ所かの業者を選ぶのがいい条件で売るポイントです。

    中古車売買における車の査定基準というものは、中古車の内装や外装の状態を調べたり、走行距離や事故歴、年式などをチェックします。

    この確認項目のうちで外装および内装は、査定に行く前に入念に清掃することで見積金額に良い影響を及ぼすことができます。

    過去の事故歴に関しては、プロの目から隠し通すことは絶対に無理ですから、正直にハッキリと伝えましょう。

    これらの査定基準を確認してから、オークションの査定相場金額を鑑みて、見積金額を算出します。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら