車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

現在、新車の個人向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    いくつかの中古車買取の業者に愛車を売却するために、査定をしていただきました。

    それらの中で、ガリバーが最も高い金額を示してくれたので、この業者に買い取ってもらうことを売買契約をしました。

    一番はじめにネット上で車査定し、その後、愛車を店舗に持っていったところ、ネットでした査定よりも高額だったので、即売却を決意しました。

    車検に通る程度の改造を施した車は、中古車の査定ではどうなるのかというと、現物や店舗次第という感じです。

    例えば改造パーツが流行りの品物であったり現在も人気が高いのなら評価としては若干プラスになるかもしれません。

    但し、パーツの状態が悪ければ買取後にメンテ費用がかかるため、その分だけ減点されるはずです。

    ほかに、斬新すぎたり極端な外観のものも売りにくいものとして敬遠され、マイナス要素になりえます。

    ですから改造車はノーマルの状態に戻して査定してもらい、パーツはパーツで処分したほうが良い結果を得やすいでしょう。

    中古車の買取査定を頼んでも買取を拒否することができます。

    出向いての調査決定とは、自分所有の車を売りたいと思った時に、中古車買取ディーラーがいくらぐらいで売れるのかを自宅まで無料査定に来てくれるわけです。

    査定された価格が、自分の思っていた値段よりも安いケースには、拒否しても問題ありません。

    今回手放した車はもう古い車で、車検の期間も迫っていたので、値段の付く車だとは思えませんでした。

    そこで、今回車を購入した店舗に無料で引き渡してしまったのですが、その少し後で、引き取ってもらった車両が結構な値段を付けられて店頭に並んでいるのを見ました。

    どうせこうなるなら、買取の業者に依頼して業者に売却した場合の金額を聞いておくべきだったと残念な思いで一杯です。

    私は前に乗用車の買取を依頼したことがあります。

    自分だけでなく、買取を頼まれたほとんどの方は買取時の査定価格を高くしたいと思うはずです。

    それには車の専門誌やネットの査定サービスなどを使用して、よく買取価格の相場を調べておくことが重要だと思います。

    そうすると、買取の査定価格が高くなる可能性はアップすると思います。

    中古車を少しでも高値で売るにはどういった点に、注意すべきでしょうか。

    ネットによる一括査定試していくつかの業者の査定を受けるのが賢い方法と考えられています。

    また、買取を依頼する前にきちんと洗車してとにかく綺麗にしておくことも大切です。

    車の外部だけでなく、車内もきちんときれいにしておきましょう。

    先ず第一に、車の買取においては、中規模や小規模の企業と、業界大手の企業では車を見積もるときの姿勢に違いがあるということです。

    自前の販売ルートが確保できている大手の企業の場合は、同時に資金力も豊富ですから、積極的に買取を行っていきます。

    しかしながら、会社内で取り決められた基準から外れた価格で買い取ることは不可能で、査定金額に対してあまり個人で価格交渉できない場合が多いです。

    反対に小規模の買取業者などは一車種ごとに競りで販売することが主ですから、関与した査定士によるところが大きく、高く売れるだろうと思ってくれれば相場よりも査定額がグッと高くなるケースも出てくるのです。

    雪が積もったとき、車が滑り、フロントを電信柱にぶつけてしまいました。

    どうにかエンジンには損傷が見られなかったのですが、そのようなコンディションでも事故車扱いに変化するでしょう。

    バンパーばかりでなく、前部のフレーム修理を行う状況となったため、高額の修理代が掛かってしまいます。

    車査定、買取の一連の流れは大まかには大体、次の順序になります。

    まずは申し込みをしていきます。

    電話してからの申し込みや直接ご来店頂き依頼をする方法、ネットを介して申し込みする方法もあります。

    申し込みが済んだら、査定が開始されます。

    査定担当者が車の状態を把握し買い取る額を割り出し、その額に納得いただけたら成約しましょう。

    以上の流れが車買取の順序です。

    近年、車を買取に出す際に、やはり人気なのはWEB査定です。

    一括査定なら、どこにも出かけなくても複数の業者の買取額をもとに検討することができます。

    ただし、ウェブ査定は実際の査定とは異なるので、現物を見てもらった後でそこまで高い額が付かないと思っておいた方がいいでしょう。

    それに、WEB査定の時点ではそこそこ良い金額を出しておきながら、いざ出張査定となれば途端に安い額を提示し、売るまで帰らないような悪質な業者があるため、くれぐれも注意しましょう。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら