車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

現在、新車の個人向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    スリップサインが見え始めたような使い込まれたタイヤでも、査定のためにタイヤを交換するのは意味のないことです。

    いかなるタイヤであれ消耗品であることに違いはありませんし、買い取ったあとに販売店のほうで業界値段で仕入れたタイヤに交換してしまうことも普通だからです。

    つまり本体に比べタイヤ劣化による査定の減額はあっても極めて少ないです。

    手持ちのタイヤを自分で交換するなら構わないですが、実際にそれで査定額アップは期待できないですから、掃除するだけに留めるほうが無難です。

    これははっきり言えることですが、車の査定は必ず、いくつかの業者に出すのがセオリーです。

    査定を一社に任せてしまうのは良くありません。

    なぜなら、他のところに査定を出していれば、もっと高い金額を出ていたことも充分あり得るからなのです。

    例え同じ車であっても、買取業者が異なれば金額も違ってくるのは自然なことです。

    大事に乗ってきた車の査定額が、僅かでも高いに越したことはありませんし、今日では一括査定サイトという便利システムが使えますから、煩雑な手続きなどは、必要ありません。

    中古車買い取り業者の出張査定サービスはご存じでしょうか。

    査定費用、出張費用もかからず、スタッフが来て査定してくれるもので、「車査定 出張」「無料査定」など、関連ワードで検索をしてみると、多数の結果が出てきて、業者の数の多さに驚くでしょう。

    こういった出張査定サービスを利用して車の売値をなるべく高い金額にしたいのなら、本当にたくさんの業者がありますから、そのことを利用して、複数の業者の間で競合が起こるようにし向ける、というのも売買契約に伴う一つの駆け引きでしょう。

    しかし業者側からすると、無料査定サービスそのものが営業目的という面もありますから、相当力を入れて取引を持ちかけようとするでしょう。

    ですから、そういった押しの強さに慣れていない人は、やめておいた方がいいでしょう。

    車の買取りは金額に消費税が含まれている場合と入っていないケースがあるので、最初によく調べてください。

    それに、買取業者がするべき手続きが遅くて自動車税の届いてしまうこともありますから、売る時々によってはそういう事態が、発生した時の対応においても確認しておいた方が最善かもしれません。

    中古車買取業者に車の査定を頼むと、たいていの業者は無償でしてくれます。

    けれども買い替えでディーラーによる下取りが行われる場合には、あとで査定手数料をとられていたことに気づいて憤慨することにもなりかねません。

    査定手数料は現金で支払うことはなく下取額から引くのが普通ですが、中古車なのだから買取でも下取でも査定は無料だろうなどと思い込んでいると、費用面のことは失念しやすいですから、契約書にサインする前に査定手数料は必要なのかをいま一度はっきりさせておきましょう。

    査定は有料だと言うのであれば、交渉によって下取額の増額や手数料の無償化も期待できるからです。

    買取会社に査定をお願いするときに入り用になる書類について述べると、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、特別に前もって準備することはないでしょう。

    でも、実際に売却をする際には名義変更の手続きを踏む必要性が生じますから、更に、自動車税納税証明書、印鑑証明書など少々複雑な何種類かの書類が入り用になってきます。

    引越や結婚などで車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには住所や姓の訂正に関して追加の書類を提出するように言われますから、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    中古車を売ってしまった後になって、瑕疵担保責任を理由として買取店舗側が契約を解除してきたり買取金の減額を告げられることがあります。

    事故歴や故障歴を隠蔽して売却したのならば自分側が悪いと言えますが、査定士が見積もり時に傷などを確認していなかったのならば非難される覚えはないのです。

    納得できない理由で買取額の減額や契約解除を迫ってくるときには、最寄りの国民生活センターへ行って、車の売却でいざこざになっている旨を相談してみるときっと良い方に解決するはずです。

    車の査定を受けるときにはメーカー以外の部品を付けている車は一般的に価値が低くなってしまうのでメーカーのパーツを元に戻すようにしてください。

    ただし、正しいパーツに戻すのに工事の費用がかかるときは、戻す金額よりも工事費のほうが高くつく確率が高いため触らずに今のまま査定依頼をしたほうがいいですね。

    買取で低く評価されてしまう車といえば、改造車ですね。

    そこそこ大手の買取店でしたら、メーカーやディーラーの純正オプションであれば高評価の対象となっています。

    サンルーフや純正ナビ(マルチ)、革シートなどは一般的に需要があるので査定で高く評価されますが、一方、車高の調整や社外エアロ、社外アルミについては査定で有利にはなりません。

    売りたい車がスポーツカーなら、専門店の方が良いと断言できます。

    増えたとはいえ外車は国産車に比べると流通量が少ないですから、査定を受けても買取店によって額は相当開きが出ます。

    他店のほうがずっと高く買い取ってくれたのにと後悔するのも、外車のほうが多いです。

    最初から外車専門業者に的を絞ったほうが、独自の販路を持っていることから場合によっては高額査定も期待できます。

    では外車専門店ならそれでいいかというとそうではありません。

    外車を扱うところは、それぞれ得意とするメーカーや車のタイプなどは異なります。

    ネットの一括査定サービスなどを活用し、この業者ならジャンル的にぴったりだろうというところを探し出すのが先決です。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら