車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

現在、新車の個人向け車リースを考えているけど、サービスが多すぎて、どれが一番いいのかよく分からないという方におすすめの新車カーリースをご紹介します。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース()

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    はじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    ジュニアシートやベビーシートなどを付けた乗用車を売ろうというのであれば、査定前にはずしておいた方が良いでしょう。

    中古車の見積りではそれらは採点される項目には含まれていないからです。

    ただ、チャイルドシートというのは購入希望者は多いため、タダで車と一緒に処分せずとも取り外して売れば、相応の価格で売れます。

    美品のブランド製品などは思いがけず高値で処分できる場合もあります。

    特別な乗り方をしていなくても普通に付いてしまう幾分かのキズや微細なヘコみなどは、多くはマイナス査定の対象にはなりませんので、さほど神経質に気にする必要はないでしょう。

    反対に、爪がかかるくらいのキズやしっかりと目で分かるへこみ、それから塗装がはげていたりすれば査定時に減額されますが、査定時に減点されるのが回避するために個人で直したとしても個人でまかなった費用以上に査定金額がアップされることはないので注意しましょう。

    中古車の買取なら買取専門の業者に依頼する場には、種類がたくさんある書類を用意しないといけません。

    ものすごく重要な書類としては、委任状です。

    今、使う書類が揃っていないと、いらなくなった車の買取を依頼することはできません。

    事前に用意しておくようにすると、余分な時間をかけることなく買い取ってもらえるでしょう。

    愛車を買い取ってもらう際、走らなくなった車でも値段を付けてもらえるかというのは大いに気になる点ですよね。

    その車がもう動かないものでも、外車と違って日本車は優良なパーツ取りの需要もあり、その点で価値が認められることが多いため、たとえ少額でも買取の可能性は十分にあります。

    そうした車を主に買い取っている業者も存在するので、粘って探してみてもいいかもしれません。

    大抵の中古車買取業者においては、車を査定するために要する時間というのは実質約10分少々で済みます。

    これは現時点における車種ごとのオークションなどの平均相場を基本として基礎になる査定額が事前に決定されていて、ここから各部位の状態、および走行距離などを目で確かめて、それらの状態に応じた減額や加算をするとその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。

    車の買取サービスは、基本的に手数料は無料です。

    しいて言えば、車の名義変更に伴う費用でしょう。

    もし買取業者さんに代行してもらうのなら手数料をいくらか払う必要があります。

    名義変更にかかる代行手数料はあとで振り込まれる売買代金から差し引かれることもありますし、契約書にサインしたのち、営業担当者に支払う場合もありますし、現金の扱いを禁止している会社では後ほど指定口座に振り込むことになります。

    それから、売却時は所有者の印鑑証明書と住民票の写しを用意するのは売主側の役目ですので、発行手数料(印紙代)がかかりますが、あわせて5?600円程度です。

    郵送請求の場合は時間がかかることに注意してください。

    持っている車を売却する場合は、さまざまな知っておくべきことを持っていることが望ましいです。

    特に、車税に関してのノウハウを知っておくことで、手続きをどんどん進めていくことができます。

    車買取業者との交渉にあたる前に理解しておくべきです。

    なるべく車の査定は夜や雨降りの日にした方が良いと言う人がいて、ちょっぴり高値で見積もってもらえるという話があるようです。

    夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になってキズや汚れなどがあっても分かりづらくなるというのが夜間などに査定依頼すべきだとの根拠になっています。

    でも実際は、見えにくいからという理由で査定をアップさせるほど業者はスキルが不足しているわけではありません。

    それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、普段よりも幾分低い査定をされてしまう可能性だってあるのですよ。

    長年大事にしていた愛用者を売りに出りに出す上で葛藤が起こることも多く、ネット査定と実車査定の相場が大幅に異なるというのは誰しもが分かる事でしょう。

    契約が成立した後に何かしらのアリバイをつけて返済料金が足らない場合は法律制度により免除される事も珍しくないです。

    車をあげたのに料金が振り込まれないケースもあります。

    他社とは違う繊細な査定を謳う長年乗ってきた車をそろそろ買い替えよう、といった際には、あまり深く考えずにディーラーに任せる人は多いのですが、実はそうするよりも専門の買取業者を使った方が、金額的にはだいぶ得をすることが多いということが、広く知れ渡ってきており、利用者は増加の一途を辿っています。

    直接お店に足を運ばなくても、自宅でもどこでも、パソコンやスマホで査定額の目安を知ることができて便利です。

    それができるのが、車査定サイトと呼ばれるものです。

    メーカー、車種、車名、年式などといった基本的な項目を埋めていくだけで、数十秒から数分ほど後、相場に合った適正な回答があります。

    車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    新車リース申込なら