車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 鳥取県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは鳥取県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

鳥取県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(鳥取県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    鳥取県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車の査定と下取りを比べてみたとき、下取りのほうがいいと考えられる方も多いでしょう。

    確かに、下取りの場合は欲しい車を愛車の下取りで購入額から値引けますし、買取手続きも購入手続きもいっぺんに行うことができるので楽ではあります。

    ですが、売値だけに限って考えると、車査定の方が高い額をつけてもらえます。

    所有する中古車を買取りしてもらおうと思って店舗に行くと、残念ながら買取額はつきませんと言われるケースもままあります。

    例えば、走行距離が10万kmを越えている「過走行」の車だったりする場合や、かなりの大事故で大きく修理した履歴の残ったケースなどは買い取り金額がつかない可能性が出てくるのです。

    複数の買取業者で見積もりを出してもらっても同様に査定額がつかないケースでも、廃車を専門とする買取業者に引き取りを依頼する事もできますから、その車を売ることを止めてしまう必要はないのです。

    近頃では、車の買い換えを行う際、買い取り業者を利用して査定に出す人が増えてきました。

    ところで一つ気にしておきたいことがあり、車の事故歴、修理歴を相手の業者に伝えないでいるとどうなるか、ということです。

    売買契約時に店と契約書を交わします。

    そこに記載されている買取査定規約を見てみると、車の事故歴について、それを把握している場合は申告義務があることが書かれています。

    この義務を遂行しなかった時、つまり申告しなかったり嘘をついたりしていた時には、契約後、あるいは買い取り後であっても業者は事後減額要求できることになっていますので、査定額を落とさないために事故歴を隠すと却って損をすることになります。

    先日、車を買い替えるので、中古車の一括査定を依頼しました。

    下取りで依頼するより、買取にした方が、得だという話を伺ったからです。

    無料一括査定にお願いすると、複数の業者から査定してもらえる事が可能なのです。

    利用してよかったなと感じています。

    中古車業者のいくつかに愛車の売却査定をしていただきました。

    ガリバーがその中で最も高く買い取ってくれるとのことなので、売却はこの業者に頼むことを決定しました。

    まずはネットで車査定し、愛車を後日、店舗に持っていったところ、ネットでした査定よりも高額だったので、すぐに売却を決めました。

    車の査定はしてもらいたいけど、個人を特定されかねない事は教えたくないという人も多いのではないかと思います。

    しかしながら、匿名での車の査定は出来ません。

    メール査定であればできそうだと思いがちですが、残念ながら申請に最低限必要な個人情報を要求されるので、匿名はできないのです。

    車を査定するためには、個人情報を相手に伝えることが義務なのです。

    車査定は市場の人気にもよりますので人気の高い車であればあるほど納得できる値段で売ることができますさらに、評価できる部分をあるだけ加点していく査定方法を採用していることも多々あり高値で売れる可能性が低くありません。

    このように、下取りを行うより車査定で売ったほうが良いと言えるのです中古車を売買するときに、業者任せにしないで全て自分の手で行える時間と知識を持っているならば、個人売買で自動車を売る方法が業者を介さないので最も得をする売り方でしょう。

    しかし、個人同士で車を売買するとどうしてもトラブルに発展しやすく、特に起きやすいのが車の名義変更に関連したことと料金の支払いです。

    前者に関しては双方で決めた期日までにしっかりと行うように念書を残しておくと良いでしょう。

    料金トラブルに関しては、初回だけ支払ってそれ以降は支払いをしないで逃げられることがないように、一括払いだけで支払いを完了するようにしてもらえば安心ですね。

    近頃では、買取を申し込みたい場合には、web査定がよく用いられています。

    一括査定なら、どこにも出かけなくても複数社の査定額を知ることができます。

    しかし、ネットで受けられる査定はただの目安ですから、現物を見てもらった後で査定額が下がることは大いにあり得ます。

    それに、WEB査定の時点ではそこそこ良い金額を出しておきながら、実際の査定になった途端に安い額を持ち出し、その額で売るまで帰らないという悪徳業者があるので注意が必要です。

    中古車を出来るだけ安価に入手し、ほんの少しでも高価に売るのがプロの中古車買取店のスタッフの仕事の内容です。

    中古車販売の営業さんの話を鵜呑みにするのもどうかというところがあって、本来もっと高値で取り引きできたかもしれないケースも沢山出てくるかもしれません。

    前もってその車の査定金額の相場が幾らぐらいになるかを調査しておき、相場価格よりも安く提案された際に自分から交渉する心構えをしておくとプロの売り文句に惑わされにくくなるでしょう。

    鳥取県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    鳥取県で新車リース申込なら