車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 鳥取県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは鳥取県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

鳥取県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(鳥取県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    鳥取県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    車査定をしたいなと思いつつ、個人情報を把握されるのは困ると思う方もいるでしょう。

    特に、ネットの一括査定サービスを通した場合、多くの買取をする企業に個人情報を渡すことになるのが不安な気にさせられますよね。

    そうは言っても、日本の法律で個人情報の取り扱いは厳しく規定されているので、基本的には心配いりません。

    高い見積価格をだしてもらうためには、いくつかの車買取業者に査定額を提示してのが一番です。

    車買取業者によって得意とする車種やメーカーなどがあり、買取金額に違いが出ることもあります。

    複数の業者の査定額の違いを調べれば、どこの業者がより高額で買い取ってくれるのかがわかるので、希望価格を提示しやすくなるはずです。

    自分にはちょっとと思う方は交渉が得意な友人にお願いするのもいいですね。

    妻の第二子の妊娠がわかったのを機に、8年間乗ってきた車を買い替えました。

    それは良いのですが、下取りしてもらうのだから出費が減って有難いぐらいに考えていましたが、買い換え自体初めてだったので、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で決めました。

    その後、同期の友人に「そんな安いはずないだろ」と言われ、車買取り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなといまさらながらに後悔したものでした。

    大半の中古車買い取り業者が提供しているサービスの一つに、無料の出張査定というものがあり、「車査定 無料 出張」といった言葉で検索してみると、多数の結果が出てきて、業者の数の多さに驚くでしょう。

    この出張査定サービスを使うことで車の売値をなるべく高い金額にしたいのなら、業者の数のこれ程の多さを利用して、複数の業者の間で競合が起こるようにし向ける、というのもそういった駆け引きが得意であれば、やってみて損はないでしょう。

    しかし出張してきた業者からすると、ぜひ話を決めたい訳ですから、その営業は、場合によってはごり押しに近い形になるかもしれず、そういった押しの強さに慣れていない人は、やめておいた方がいいでしょう。

    車買取の査定をするときに、例えば、カーナビなどの付属品があるとプラス査定になることが多いです。

    ただ、最近発売されている車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、より最新モデルのカーナビでないと査定額がグンとアップするとは考えにくいのです。

    それから、カーナビ標準装備が当たり前の現代、カーナビ非搭載だと査定金額からマイナスされるケースもあるのです。

    車を業者に買い取ってもらうときは、年式と走行距離で大幅に値付けが変わってくることは常識です。

    1年で1万kmというのがだいたいの目安で、それより多いか少ないかが査定額に反映されます。

    走行距離が少ない車は標準よりプラスの査定がつきますし、10万超だとマイナス査定というより、よほど希少価値のある車でない限り、買値がつきにくいと思って良いでしょう。

    もっとも、これは単純な目安に過ぎません。

    車の種類や状態によっても幅があり、こればかりはプロの手に委ねるしかないでしょう。

    査定結果に納得し、あとは契約するだけとなったら、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

    普通車と軽自動車では印鑑や書類の種類も違うので不明点があったら営業担当者に確認してください。

    普通車でも軽でも必要なものといえば車検証で、あとは車の自賠責保険証、リサイクル預託証明書(もしくは自動車リサイクル料金の預託状況でも代用可)、納税証明書ですが、紛失している場合は再発行してもらってください。

    また普通乗用車の場合は実印と印鑑証明が必要で、軽自動車なら市販の認め印が使えるため、印鑑証明をとる必要もありません。

    査定のプロである担当者にはちょっとした嘘は瞬時に見破られます。

    じつは事故ってしまったことがあったり、修理を依頼したことがあったのに、それを理由に査定額を下げられたくないばかりに事故歴などはないと言ってもすぐに判別しますし、嘘をついてしまったという事実でスタッフに「この人は信用出来ない」と思われて当然でしょう。

    結果的に、厳しい見積額を提示される可能性が考慮されますから、売却予定の車の状態については正直に話した方が良いのです。

    年間を通して一律なのではなくて、企業の決算月やボーナスが出たときなど、車を高値で取り引きできる可能性が高まります。

    車が欲しいと思う人が増える時期には一緒に買取価格も上昇するからです。

    売却に適したタイミングがあると言っても、車を売ろうとする時期が決算時期やボーナス時期とかけ離れていた場合に、その時期が来るまで待った方が良いとは言いきれません。

    当然かもしれませんが、車を売る時期が遅ければ遅いほど旧式の車になっていきますよね。

    相場が上昇したことによって買取価格も上昇するでしょうが、その車の価値が下がってしまう方が大きくなる場合も充分考えられるのですね。

    車の買取には印鑑証明が必要になります。

    実印登録をしている市役所、それか各所の出先機関で忘れず2通発行しましょう。

    近年ではコンビニでも発行できるところがありますし、役所でも機械で自動発行できるところが少なくありません。

    気を付けなければならないのは、証明書は一か月以内の発行でなければならないことです。

    取得から日数が過ぎた証明書では効果がありません。

    鳥取県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    鳥取県で新車リース申込なら