車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 秋田県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは秋田県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

秋田県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(秋田県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    秋田県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    結婚する予定になり、車を売ろう!と考えました。

    旦那は、通勤で車を使う事がないため、二台を持ち合わせる必要もないためです。

    フルローンを使って買った車でしたが、すでに完済していて、売って手に入れた金額は、へそくりとして大事にしまって置いておきます。

    車を売却しようと考えたときに取り得る行動としては、買取業者に売ること、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    オークション出品の際には、これから売却する自動車の写真や内容の説明をできるだけハッキリと分かりやすく掲載することが面倒なトラブルを回避する上で避けては通れない事柄です。

    それと、画像だけでなく契約が成立する前にじっさいの車を見てもらうことが望ましいです。

    これら以外で自分が重要だと感じたことは、念書形式できちんと紙にしたため、署名捺印をして双方で保管するようにすれば後々トラブルになる心配はなくなりますね。

    車を売りに出そうと思ったので、ネット上でできる簡単査定を利用しました。

    車は高級外車のアウディで、5年くらいしか乗っていなかったので、かなりの高値が付くだろうと期待していたら、思ったよりずっと低い額を提示されて驚きました。

    査定をお願いしていた買取業者に来てもらって色々と話を聞いてみたら、「今はアウディでも軽自動車以下の額しか付かない」と言われて衝撃を受けました。

    新しければ新しい年式のものほど査定の値段が上がってきますし、グレードも高級なものほど査定額アップが期待できるでしょう。

    車種のカラーも査定ではチェックされるポイントで、シンプルな白や黒、シルバー等が人気です。

    自動車の購入時には、やがて売ることを考えて人気がありそうだなと思う色の車を購入するというのもいいかもしれません。

    パジャマ姿でも外出先でも時と場所を選ばず見ることができるのがインターネットの良さですが、中古車の査定依頼もウェブだったら簡単にできてしまいます。

    一店ずつ回ったら相当な手間になる複数業者の査定額を1度の手間でチェックできてしまうのですから非常に助かります。

    しかしそれにはデメリットもあるようです。

    それは電話連絡です。

    夜遅い時間に査定サイトに登録したところ、これから寝るぞという時に夜間営業の中古車屋などから電話がかかってくるなどということもあるそうです。

    営業努力とはいえ迷惑ですので、登録する電話番号は選んだほうが良いでしょう。

    買取では、改造車は決して高くは評価されません。

    手広くやっている買取店なら、メーカーやディーラーの純正オプションであれば高く評価されます。

    サンルーフ、マルチの純正ナビ、革シートなどは査定で高く評価されますが、車高の調整や、社外アルミ、エアロなどの改造は車の価値を上げるものとはなりません。

    スポーツカーを買取に出すなら専門店に持ち込むのが最もよいでしょう。

    通常、車の買取業者が中古車を査定するときに確認する事項は、大きく分けると車種やボディカラーなどの基本となる事項や、ナンバープレートなどを含めた外装のキズの状態や走行距離、車体内部の汚れや臭いがあるかどうか、過去に故障や事故を起こしていなかったかどうかのチェックなどが挙げられます。

    これらのチェック項目に引っ掛かるものがあったら減額していって、加点されるケースとしては、発売されたばかりのカーナビやオーディオが搭載されている場合などがあります。

    これらの結果とオークションの相場などを判断して、最終的な査定金額が表示されるのです。

    車の査定と下取りを比較したら、下取りのほうが勝っていると思われる方も少なくはないでしょう。

    確かに下取りなら買おうとする車を愛車の下取り額で値引きできますし、買取の手続きも購入手続きも一挙に行うことができるので楽ではあります。

    ところが、単純に売値だけを考えると、車査定の方が高い額をつけてもらえます。

    中古車を売却する時には複数の書類を用意する必要が出てきます。

    中でも、自動車検査証、要は車検証は、とても大事な書類です。

    その他には、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書、譲渡証明書といった書類を準備しておくことが必要になります。

    あと、実印もいるので、きちんと用意しておきましょう。

    車買取の査定をするときに、カーナビやオーディオなどのオプション品が付いていると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    でも、新型の車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと見積金額が大幅にプラスになるとは考えにくいのです。

    そして、同じ理由によってカーナビゲーションシステムが付属していない場合には査定の際にかなり低く見積もられる可能性も出てきますね。

    秋田県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    秋田県で新車リース申込なら