車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 滋賀県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは滋賀県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

滋賀県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(滋賀県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    滋賀県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    中古車の相場というのは市場のニーズによって変動しています。

    ですから買取り業者が提示した査定金額には有効期限が設けられているのが普通です。

    しかしこの期限も実際のところ様々ですから、算定してくれた査定士にその査定額が保証されのはいつまでかあらかじめ確認しておくべきです。

    有効期限の設定は、長いところで2週間でそれ以上はほとんどないでしょう。

    そして市場の動きによってはかなり短期間で設定されていることもあります。

    通常、事故車と呼ぶことが多い修理歴車は、中古車査定時に見積額が大きくマイナスされる元凶となります。

    しかし、修理したことがある全部の中古車が修理歴車として扱われるというわけではないのです。

    車の骨格に相当するところまで修理されていなければ、ドアやボンネットなどを板金塗装してあったりしてもとくに修理歴車になるわけではないのです。

    ただ、「修理歴車」として扱われなくても、板金などで修理した形跡があるとマイナス査定になることが多いでしょう。

    車を高価格で売るためには、いろいろな条件があるのです。

    年式や車種やカラーについては特に重要なポイントと言われています。

    年式が新しく人気の車種の車は査定額もあがるのです。

    あと、同じ年式で同じ車種でも、車のカラーによって査定額が違ってきます。

    白、黒、シルバーの車は一般的に高く売ることが可能です。

    車を買ったディーラーで下取りをしてもらうのであれば、今までの車に乗ったまま次の車が納入するまで過ごすことができます。

    一方、下取りに出す代わりに自分で買取業者を見つけて売却する時は、納車までに車がない期間が生じる可能性もあります。

    代替交通機関がないときは、業者に査定依頼する際にまず代車が必要である旨を伝えておきます。

    業者によってはそういった手配はしていないところもあるので念には念を入れて確認しましょう。

    査定の時に天気が悪かったりすると、車のキズなどのアラ隠しになって査定額は高くなる傾向にあるという俗説があります。

    けれども実績を積んだプロが見落とす可能性は低く、逆に天候に左右されない査定を身に着けている可能性は高いです。

    そもそも洗車してきれいな状態の車というのは晴天ではさらに美しく見えます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしても同じくらいのメリット、デメリットを有するので、そこまで天候にこだわる必要はないでしょう。

    実際に業者が来て査定する際、より良い査定金額を得るためにはそれなりの努力が必要です。

    むこうが欲しいのは「契約」ですから、金額さえ満足なら即決してもいい位のアピールをしてみせ、その上で誠意ある対応を求めるのです。

    買取対象車を引き取る日時を決めてしまえば営業マンも中古車として販売する前の下準備の段取りが確定したも同然ですから、価格に上乗せしようという気になりますし、価格交渉も比較的うまくいくわけです。

    売却希望の車を見積もりする場合には、例えば、カーナビなどの付属品があると基本的にはプラスの査定になることでしょう。

    しかし、最新モデルの車にはカーナビシステム非搭載の方がめずらしいので、新しい型のカーナビシステムが付いていないと大きく見積額がプラスになるとは思えません。

    カーナビシステムが標準的になっている現代において、車にカーナビがついていない状態では低く見積もられる場合も出てきます。

    車を査定か下取りに出したい折に、自分の乗用車の相場を知るには如何様にしたら良いでしょうか。

    現に査定を受ける前にネットの相場表みたいなもので検索すれば簡単に車の値段の相場を調査することができます。

    個人情報などをインプットする必要もなく気軽に調査できるので、有用です。

    車査定と下取りを比べて考えた場合、下取りにした方がいいと思っている方もいらっしゃるでしょう。

    下取りだと確かに、今の車を使って新しく欲しい車をお得に購入できますし、買取手続きと購入手続きを一挙に行うことができるので簡単です。

    しかし、単純に売上価格のみに注目をすると、車査定の方が高額になるのです。

    中には、車査定を受けようとする際に、洗車をすべきか悩む人もいるようですがこれについては、意見は割れています。

    普通に考えると、査定の人に見てもらうのですから、きれいにしておくのが当たり前のようにも思えますが、でもこうすると、車体についた細かいキズが、はっきり見えるようになってしまいます。

    とはいえ、査定を担当する人もそこはプロです。

    洗車していても、そうでなくても小さいものでもキズをチェックできないわけがありません。

    ということであれば、汚れた車を見てもらうより、多少でも印象を良くするために、汚れを落としてきれいに洗っておけば良いでしょう。

    滋賀県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    滋賀県で新車リース申込なら