車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 沖縄県 > 東村

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは沖縄県東村にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

沖縄県東村の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(沖縄県東村編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    沖縄県東村の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    日産のノートには多数の驚くべき特徴があります。

    具体的に言うと、コンパクトカーでありながら、ゆったりとした室内空間を成し遂げています。

    その上、排気量1.2Lで1.5L同等のパワーと走行性機能があり、抜群の燃費効率が自慢です。

    エレガントなインテリアやアラウンドビューモニターなど、トータルでワンランク上だと言いきれます。

    売買予定の車の見積額が下がってしまう主となる要因には何点かあるのですが、最も大きな査定低下の要因は、売ろうとしている中古車が過去に修理をしたことがある場合です。

    ケースによっては0円にまで低下する場合もあるのです。

    しかしながら、事故や故障で修理してしまうと絶対的に修理歴車と呼称されるわけではなくて、その車の骨格部分にまでダメージが広がっていて、甚大なダメージを修理してあるのが修理歴車なのです。

    近年における車買取の流れといえば、一括査定サイトを利用して、買取に出す業者を選び、現物の査定に来てもらうというのが一般的と言って差し支えないでしょう。

    一括査定は半ば機械的であり、変動の余地が少ないですが、現物査定は実際に対面しての手続き、つまり、交渉術にものを言わせて買取額を上げることもできるのです。

    時間に余裕がある方は、複数の業者から現物査定で金額を聞いてみて、価格交渉を行うのも有効でしょう。

    自分の車を処分する方法としてはいくつか考えることができるのですが、業者へ中古車として買い取ってもらうと一番得することができると思います。

    その買取業者とのやり取りを進めるにあたって注意が必要なことは、売買契約を行ったあとは一部の例外をのぞいて契約の破棄は行えないということです。

    車買取ではお客様と業者との間で意見の対ネット査定と実車査定の売却価格が大きく異なるのは学校で習う内容でしょう。

    売買が成立した後に何かしらの物事の発端の説明をつけて相場が下落されることも珍しくないです。

    車を差し上げたのに高額査定の宣伝を謳う信頼実績がない車買取業者には気をつけるようにしましょう。

    一般的な中古車買取専門店が査定の際に確認する項目は、大きく分けるとどんな車種や色であるかの基本スペック、外装に傷があるかどうか(ナンバープレートも含めて考える)や総走行距離について、車内の臭いや内装の状態確認、事故や故障の履歴の有無のチェック等があります。

    今述べた事項に引っ掛かるものがあったらその都度減点していくような形で、査定アップの要因になる新型のカーナビやオーディオなどが付属していたらプラス査定となります。

    以上の結果にその時点での査定相場価格を加味して、見積額が提示されるのです。

    車の査定を受ける前に、注意点がいくつかあります。

    どんなところでも、一社の査定だけで売却するのは賢くありません。

    今は一括査定サイトもあるので、可能な限りの買取業者を比べることが必要です。

    査定を受ける前には、ざっとでも掃除しておいてください。

    そして、現物査定の際には車検証と納税証明書を必ずチェックされるので、あらかじめ用意しておかなくてはなりません。

    全部が全部という訳ではありませんが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    所有者が個人だった自動車であり、完璧に通勤用となっていれば所得税の対象からは外れます。

    レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    業務と兼用している車を売るときには、一般とは違った決まりが存在しますから、わからないときには確定申告をするときに申告書を提出する前に税務署のスタッフなどに相談してみましょう。

    降雪があった日、車が滑り、電信柱にフロントをぶつけてしまいました。

    どうにかエンジンには損傷がなかったようですが、そんな状況でも事故車扱いに変わるでしょう。

    バンパーばかりでなく、フロントのフレームの修復を行うことが不可欠となったため、多額の修理代金が掛かってしまいます。

    車の売却を済ませた後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を通達されることがたまにあります。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば売る方が責任を取るのが普通ですが、査定時に何か見落としがあったというならば自分が非難される筋合いはないでしょう。

    買取店舗が自分の納得がいかない言い分を押し通そうとする際には、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると相談するとむやみに悩まなくても解決できます。

    沖縄県東村の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    沖縄県東村で新車リース申込なら