車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 東京都

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは東京都にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

東京都の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(東京都編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    東京都の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    なるべく高い価格で車を売却したいと思うのであれば、たくさんの業者から査定を受けることが大事です。

    ただ、せっかくの休日に時間と手間をかけてまでいくつもの買取店舗を巡るというのはかなりの負担です。

    中古車の一括査定サイトなどを利用すれば、そうした事態は避けることが出来ます。

    買取業者の公式サイトからだとその会社しか申し込めませんが、一括サイトなら一度に複数の会社に見積もり依頼できるので、同じ作業を人力でやることを考えると雲泥の差です。

    あえて短所を挙げると、見積りをとった会社全部から競うように電話連絡が来るのは避けられませんから、それはそれで面倒です。

    自動車を下取りに出さないといけない時、だいたいいくら位するものなのか知りたいと思うことあるでしょう。

    では、その買取りの相場は知ることが出来るものなのでしょうか。

    先に答えを言えば、それは分かります。

    ただ、本当にかかる下取り価格とは少し違ってくると思ってください。

    下取りをいつするかにもよりますし、自動車の使われ方でも変わるので、どの車も、相場価格で下取りされる訳ではありません。

    中古車を維持するためにかかるお金がいくらかかるのかを調査してみました。

    中古車選びに大事なことは走行距離を見ておくことです。

    今までにたくさん走っていると車が傷んでしまっているので、維持するためのお金が高くなってしまうこともあると思います。

    買い取り業者に車を売却することにし、その査定を受けるにあたって車検切れが近い場合には、通しておいた方がいいのか、判断に悩む人も多いようです。

    実は、良い査定額がつくかもしれない、との期待から、車検切れ直前の車の車検を済ませておいたとしても、車検に使うことになった金額より車検を通したことによってついたプラス分が、大きくなるということはなく、つまり車検費用の方が相当高くつくわけです。

    売ろうと思っている車が車検切れ直前なら、もう車検を通そうとはしないで、現状のままで査定に持って行った方が損をしません。

    新車を買う際にはディーラーに車を下取りを頼むのも結構ありますが、その場合、下取り車と同時にスタッドレスを買取してもらえるものなのでしょうか。

    正しくはディーラーによって対応に開きがあり、高い料金で買い取ってくれることやタダで処分引取りになる場合もあるので、予め、確かめることが大切です。

    愛車を手放した後から、買取業者から瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)を盾にして買取金を下げられたり、契約解除を通達されることがたまにあります。

    自分が事故歴などを業者側に嘘を付いて売ったのならば自分の方が非難されるべきですが、査定スタッフが見落とししていたことに起因するものであれば自分に非はないのです。

    どうしても納得いかないときには、近くの消費生活センターなどに行き、買取業者ともめていると相談することが最善でしょう。

    長く乗っておらず、車検切れになってしまった車だとしても、買取業者に買取を依頼する分には問題ありません。

    車検を通してから買取に出したとしても、費用分を補うほど価格が上がることはほぼ有り得ないと言えるので、業者に来てもらって出張査定してもらう方がお勧めです。

    廃車の手続きを行うにしてもお金もかかるし手間も面倒なので、なるべく早期に査定を依頼し、ちょっとでも価値が残っている間に手放せれば得ですよね。

    自動車ローンの支払いがまだ残っている状況でも売却する方法がないわけではありません。

    売るとすれば、車を売ろうとしている人が車検証の所有者本人であることが条件です。

    まだ名義がローン会社になっている場合は、すべての債務の返済が済むまでのあいだは車の所有権は本人にはありません。

    ですから、売却するとしたらローン完済後ということになるのです。

    もっとも、ローン会社の許諾が貰えるようでしたら、売却と同時にその利益をもって完済するという方法もあります。

    期末であり年度末決算も抱えた3月と、賞与支給後の9月というのは酷暑も一段落した時期で、車を売る方にとっては非常にありがたい時期です。

    業者の意図としては今のうちにもっと商品を仕入れて売上を伸ばしたいと考えています。

    つまり多少高くても仕入れる(買い取る)覚悟があるわけです。

    売却を漠然と考えているのであれば、このチャンスを逃す手はありません。

    また、在庫を抱えがちなのが売れ月直後の10月と4月ですが、そこは買取額がどうしても下がり気味になるのでお勧めしかねます。

    いちいち車査定の市場価格を点検するのは面倒かもしれませんが、調べておいて無駄ではありません。

    いっそ、車を高く処分したいのであれば、愛車の市場価格を把握しておいた方が好いです。

    つまり、相場を把握しておくことで、営業スタッフがはじき出した評価額が適切なのかどうか理解できるからです。

    東京都の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    東京都で新車リース申込なら