車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 富山県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは富山県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

富山県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(富山県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    富山県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    子宝に恵まれたので、2シーターの車から買い換えようと思っています。

    独身時代から乗っている車ですから、一言では言えない想いがありました。

    新車を入手するため、売却することにしました。

    想像していたより、十分な査定はつきませんでしたが、傷がついてますので、諦めるほかないのかもしれません。

    中古車買取業者に査定をお願いするときに必要になってくる書類には、車検証と自賠責保険証明書の二つなので誰でも直ぐ分かるところにあるでしょうから、特別に前もって準備することはないでしょう。

    しかしながら、査定した車を売却するとなると名義変更が必要ですから、それから、印鑑証明書及び自動車税納税証明書等の何枚かの証書が必要になるでしょう。

    引っ越しをしていたり結婚したりして車検証などの内容が現在の住所や姓になっていないときには追加の書類が何枚か必要になってくるので、このような人は早め早めに確認して書類を用意しておくと後で楽ですね。

    引取価格を上げるためには、複数の中古車ディーラーに査定を頼むのが、良い結果につながります。

    車買取業者によって扱う車種などの特徴があり、買取価格が違ってきます。

    いくつかのお店に見積もりしてもらえば、妥当な買取価格がわかるので、有利な立場で話が進められるはずです。

    控えめな人は強気に出られる友人に一緒にいてもらうといいですね。

    どこに査定を頼んでも値段がつかないと言われてしまった時は、次の選択肢は2つしかありません。

    いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、事故車、過走行車などを専門に扱う業者に買い取ってもらうかです。

    そのような業者では車をそのまま売ることは稀で、利用できるパーツごとに販売するなどして利ざやを稼いでいます。

    つまり、よそがやらない手間をかけているためにワケありの車もそれなりの評価で値段をつけることが可能なのです。

    廃車手続きもしてくれるので、ダメ元で問い合わせてみるのもアリでしょう。

    たいていの買取業者は夕方以降の暗い時間帯にも訪問査定をしてくれます。

    明るい昼間より夜間の査定のほうが車体のキズが見えにくいので、査定額が高くなりがちだと言われていますが、実際にはそれほどの違いはありません。

    夜間は屋内照明があっても自然光には及びませんし、曇天、雨天といった状況下では光の反射が少ないので担当者の不注意を誘発しやすいでしょうが、実際のところはそう甘くないかもしれません。

    また、綺麗に洗車してある車の場合は明るい時間帯のほうがより美しく見えますし、どちらが良いとは一概には言えません。

    自己所有の自動車を手放そうと思ったときの選択肢としては、買取専門店に売ることと、自動車ディーラーのところで下取りに出す場合、自ら自動車オークションに出してしまう方法も存在します。

    自動車オークションに自分で出す場合には、これから売却する自動車の写真や内容の説明をできるだけ他人に分かりやすく書き込むことが後々起こるかも知れない面倒なトラブルを避けることになります。

    さらに言えば、売却が成立してしまう前にその自動車の現物を観察してもらうことは重要です。

    これ以外に重要だと感じた事柄については、書面にしたためてサインや印鑑を押してもらって、二人が持っているようにすれば良いでしょう。

    例えば、夜に車の査定を受けると良いという話もありますが、それは間違っています。

    夜間に査定を受けるのであれば買取業者もより慎重な査定をするでしょうから、かえって昼の査定よりも低い査定額を提示されてしまうこともあるでしょう。

    例えば夜間での査定によって高額の査定額を提示されたとしますよね。

    ですが、車についた傷や劣化が消えるわけではありませんから、判明したらのちのち減額されてしまいますから、明るいうちに受けられるよう、予定を立てておきましょう。

    車体に傷のある車を買取してもらう場合、普通、査定額は下がると思ってよいでしょう。

    でも、傷を直した状態で買取してもらうのも良い手段とは言えません。

    ちゃんとした店で修復してもらっても修理費用で足が出るくらいでしょうし、まして素人の手で修復しようものならかえって査定額が下がることがあるので注意してください。

    何とかカバーしようと考えるのではなく、現状をそのまま見てもらうのが結局一番良いでしょう。

    車の買取りをお願いする場合、だいたいの値段を知りたいと思うこともあるでしょう。

    では、車が大体いくら位で売れるものかは情報を得ることは可能なのでしょうか。

    結論からいうと、だいたいいくらするかは、知ることができます。

    ただ、本当にかかる下取り価格とは多少違いがあると思ってください。

    買い取られる時期にもよりますし、自動車の使われ方でも変わるので、必ず、相場どうりの金額で買い取られるわけではありません。

    自動車を持っている人全員が加入することになっている「自賠責保険」は、還付の条件を満たしていれば自分の自動車を手放す時に保険金が戻ってくることがあります。

    ある条件とは、廃車にする場合で、自賠責保険の有効期限が一ヶ月以上残っている時です。

    廃車にせずに車を売却するときは還付されないのです。

    さらには、還付金が生じるケースでもオートマチックに口座などに入金されることはないのです。

    自賠責保険会社に対して自らが手続きを行ってはじめて保険金が戻ってきます。

    富山県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    富山県で新車リース申込なら