車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 奈良県

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは奈良県にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

奈良県の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(奈良県編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    奈良県の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    実際に車を見て査定してもらう際に、店舗まで車を持っていく以外に、自宅や仕事先まで来てもらうといった選択肢もあります。

    CMでもおなじみの大手はもちろん中小に至るまで、多くの買取業者が無料の訪問査定サービスを提供しています。

    この時に幾つかの業者に一度に来てもらって各社同時に査定ということもできないわけではありません。

    一社に持ち込む時と違って業者も出来る限りの高値を出してくるので、高額な査定結果を得やすいという利点があります。

    父が14年ほど乗ったワゴン車を買い換えようと考えていました。

    知り合いの車買取業者の方に、車の方を見定めてもらうと、年数も古いし、劣化も激しいとのことで、廃車にした方が良いと薦められてしまい、買い取ってはもらえませんでした。

    ただ廃車にすると諸費用がかかってしまうので、父はワゴン車を買取業者に引き取っていただきました。

    業者に依頼して車を売るのは初めてという人も少なくないでしょう。

    次のような流れになりますので参考にしてください。

    初めにネットの一括査定サイトを活用して、机上査定の金額を知ることから始まります。

    そして買取対象となる車を実際に業者が採点していき、買取金額の提示となります。

    金額に不満があれば断ってもいいですし、交渉して価格や条件に不満がなければ売買契約を締結します。

    その後、対象となる車を業者が取りに来て、先方による書類上の手続き等を経て代金が支払われます。

    支払いは振込が一般的です。

    今の車もそろそろダメかなと考えていますが、さくっと車を査定してくれるところってないですか。

    こちらの個人情報が伝わってしまえば、関係ない売り込みの電話もかかってきそうで二の足を踏んでしまいます。

    時間に追われているため、インターネットで個人情報を教える必要がなく査定をしてくれるところをチョイスしたいです。

    車を査定するアプリというものをお聞きになられたことはありますか?車査定アプリとは、スマホで簡単に愛車がいくらで売れるか知ることができるアプリのことです。

    アプリを使用するなら、個人情報を知らせる必要はありませんし、いつでもお好きなときにご自身で車査定の金額がわかるとのことで、たくさんの人が使っています。

    中古車査定で売るほうが良いのか、あるいは、ネットでの売却がいいのか、迷ってしまうといった人はいませんか?愛車を少しでも高値で売却したいのはオーナーの立場としては至極当然のことなので、こうした悩みを持つ方はたくさんいると思います。

    結論から言うと、希少価値が高い車であるのならば、ネットオークションで売るほうが高く売却できるかもしれません。

    総走行距離が10万kmを超えてしまった車は、過走行車(多走行車)などと呼ばれ、中古車買取業者に査定に来てもらっても激安価格になってしまうか、値がつかなかったという話もあります。

    見えない故障などのリスクを懸念して値付けができないのは、事故車も過走行車も共通しています。

    そんな時は最初から普通の買取業者ではなく、事故車や多走行、過走行の車の取扱いを専門的に行っている業者に相談するという手があります。

    さもなければ買い取ってもらうのはやめて、次に車を購入する時に下取りに出せば、ディーラーとしては「今後のお客様」相手ですから、それなりの価格を提示してくれるでしょう。

    自己が所有する中古車を売ろうとするときには、故障している箇所があるのならば正直に業者に伝えるべきです。

    故障箇所の申告は必要でも、修理することは必要ありません。

    どんな状態かによっても減点される度合いは変化しますが、前もって修理をお願いしてから売りに出すのでは逆に損をする結果になることが多いのです。

    買い取った後でお店側が修理に出すときにかかる費用と自分自身で修理してもらうときの金額とでは、業者が修理に出す方が大幅に安いのです。

    ですから、実際の修理費よりも査定額に反映される金額の方が少なくなってしまうのです。

    私の住んでいるところは漁港にほど近い港町です。

    窓からは広く海を見渡せて、暑い夏には涼しい潮風が吹き、気持ちよく過ごしているのですが、ひとつ惜しいのは、潮風で車がすぐに傷んでしまいます。

    ここ以前に住んでいた海から離れた場所では、車が錆びてしまったなんていうことは考えもしなかったことです。

    今の愛車は車の下取りに出して、新しく次の車を手に入れたいです。

    愛車を売却しようとするときには、「車庫証明」は必要書類の中に含まれていません。

    中古車売却の際には必要なくても、新規に購入した自動車に対しては、車庫証明の手続きをしなければしけません。

    車庫証明書については自動車を購入した店舗で代行してくれることがほとんどでしょうが、自分で手続きすることもできます。

    ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、自分自身で車庫証明書を取りに行くのも良いかも知れません。

    個人で手続きする際には、以前乗っていた車の行く先を説明する必要があるため、手続きに行く際には売買契約書を忘れずに持参して下さい。

    奈良県の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    奈良県で新車リース申込なら