車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 北海道

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは北海道にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

北海道の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(北海道編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    北海道の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    出張査定を受けても手数料はまずかかりませんし、自宅や会社などへの出張が可能なので、使いやすい方法ではあります。

    とはいえ、業者のセールスを断り切れない自覚がある方は必要な書類を持参して、店舗を訪ねる方が気楽かもしれません。

    普通は予約なしで受けられ、さほど時間もかかりませんので、複数の業者を訪ねて損はありません。

    買取代金振り込みのトラブルも時々耳にしますので、代金や手数料はできるだけ現金払いにしましょう。

    中古自動車を売ろうとする際に、車検の残り期間が沢山残った状態の場合には、プラスの査定になると考えて良いです。

    でも車検の有効期限が1年を切ってくるとあまり査定額アップに繋がらず、残り期間が数ヶ月しかなくなってしまうと見積金額アップは望めなくなります。

    でも見積金額アップを狙って車を手放す直前に車検を通しておくことは有益ではありません。

    二年近く車検の有効期間が残っていたとしても、査定額アップの分が車検を通す費用以上に高くなる事は望めないのです。

    ディーラーが前に乗っていた車の下取りをするのは、次の車を購入してもらうためのサービスといってもいいでしょう。

    古い車を、買取業者に買取を依頼した時のように、中古車のグレードやカラー、追加要素などのポピュラリティの有る無しは下取り価格には殆ど影響されません。

    ディーラーにトレードインする前に、いくつかの中古車買取ディーラーの査定を受けて、相場を認識しておいてください。

    中古自動車を購入する時は、事故車を買わないように注意をしないといいと思います。

    いくら修理されている、とはいえ、事故車は安全面に問題があることもあります。

    しかし、知らない人が事故を起こした車を見分けることは困難なため、信頼できる業者で購入して下さい。

    車の査定を申し込んだ場合、料金はかかるのでしょうか?結論から言うと、料金は掛からず無料なのです。

    基本的には、車の査定でお金を取ろうとする業者はないと考えて良いでしょう。

    中でも、大手の車買取業者で料金を請求するところはありません。

    しかし、業者によっては、査定の費用を請求してくる場合もあるので、お気をつけください。

    一社や二社ではなくて複数の中古車買取店舗に査定をしてもらってから売却先の店舗を決めるのが、高く車を売却するコツです。

    同じ時に多数の店舗のスタッフに来てもらい、価格競争をさせるというのも有効でしょう。

    価格競争させるのはマナー違反ではなくて結構良くあることですから、気に病む必要はありません。

    それと、実際に契約する段階になった時には取り引きの際の契約書の中味はきちんと読み込む事が大切ですね。

    買取希望の車のボディーにへこみなどがあるケースでは査定金額が低くなるのが一般的です。

    だからといって、査定額がマイナスにならないように事前に個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

    前もって個人でキズ等を直したといっても、自分で修理するのにかかった費用以上に見積もりの額が高くなるケースは大変少ないといって良いでしょう。

    車を自分で直そうと考えるより、中古車買取成立後に、買取業者の方で提携先の修理会社に依頼した方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

    新車に乗り換え、買い替えをする時に、今まで乗ってきた車を元のディーラーで下取りに出すケースが結構あると思います。

    しかし、大半のケースでは、下取りでは納得するような買取査定を望めないものです。

    一方で、中古車買取り専門店に売却する場合は、車を下取りに出した場合よりも、高い値段で査定してもらえることが多いと思われます。

    雨が降っている日や曇っている日の夕方などは、晴天時に比べて車のボディの傷や汚れが見づらいので、本来の価値よりも高めの査定額になりやすいとする説があるのですが、買取業者もそれは承知なので、拡散タイプや高輝度のポケットライトなどを使い分け、しっかりチェックされてしまいます。

    また、よく手入れされた車両というのは明るい晴れの日のほうが新しく美しく見えます。

    査定士にしたら天気の差などは微々たるものですし、違いがあるとしてもこちらが絶対有利なんてものはないですし、天候には頓着せず、好きなときに査定してもらうのが一番です。

    一般的に、車買取業者の営業は総じてしつこいものです。

    ネット検索で出てくる中には、名指しでクレームを付けている例もあり、さぞ深刻な揉め事になったのだろうと伺えます。

    名指しされる業者名にいくぶん偏りがあるのはなんだか気になってしまいますが、大手になるほどお客さんの数も多いので、利用者から反発を受ける機会も多いのでしょうか。

    また、担当者個人の資質による部分もあるので、運の話も絡んでくると言えるでしょう。

    北海道の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    北海道で新車リース申込なら