車リース一番安い

月々1万円台で新車に乗るなら
\定額カルモくん/

トップページ > 京都府

「一番安い車リースは?」
「車の維持費ってコミコミ?」
「頭金ゼロでいける?」

当サイトでは京都府にお住まいの方に、月々1万円台から新車に乗れるおすすめの個人向け車リース情報をご紹介しています。

まずはこちらの表を見てください。

こちらの表に掲載しているのは国内トップクラスの個人向け車リース業者です。

表をみて分かるとおり、新車リースを選ぶポイントは、下記の5つです。

  • 月々の料金が安いかどうか
  • 希望の車種・グレードが選べるかどうか
  • リース期間が選べるかどうか
  • メンテサービスがあるかどうか
  • 最後に車がもらえるかどうか

結論として、一番のおすすめは、自分の利用シーンや予算、希望に合わせて、全国の車リース専門店同士を比較することです。

京都府の街で見かける近所のリース業者さんで適当にリース契約するのではなく、格安でお得なサービスがいっぱいある自分にぴったりの個人向け車リース業者さんを選ぶことが大切です。

\おすすめの個人向け車リース/

今なら最大約15万円お得なキャンペーン中
リース期間月額料金取扱車種
1年~11年12,600円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • リース期間が1年~11年と幅広く選ぶことができる
  • 新車は国産全てのメーカー、グレードの取り扱い可能
  • 頭金なし、ボーナス払いなしなので、出費を抑えられる
  • メンテナンスプランもあるので、車検を含め急な出費にも対応
  • 7年以上の契約であれば車をもらえる

【11年リースは定額カルモくんだけ】
定額カルモくんは、税金や初期費用コミ、完全月額定額の安心おトクなマイ車リースです。 全国納車が可能。定額、総額ともにオンラインだから安い価格で提供可能となっています。 メンテナンスは30,000店を超える店舗で利用可能で便利、求償保証もついています。 契約満了後は車をもらえるオプションもあり大変お得。


ガソリン・軽油が最大5円/L引き
リース期間月額料金車種
3年・5年・7年21,780円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制500km/1,000km/1,500km車検・自動車税・自賠責など
  • ガソリン・軽油が最大5円/L引き
  • 車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心
  • 国産全メーカー・全車種から選べる
  • 車のメンテはお近くのコスモ石油にお任せ

【ガソリンがず~っと値引き】
コスモMy車リースは、頭金不要!月々定額で新車に乗れます。車検・税金・メンテナンスもコミコミで安心。コスモ石油での給油で、ガソリン・軽油が最大5円/L引き。ETCやカーナビなどのオプションも自由に選べて、契約終了時に、乗り換え・再リース・買取・返却の4つの選択肢が選べます。


営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
リース期間月額料金車種
3年~7年10,000円~国産全メーカー
全車種
支払い月間走行距離料金に含むもの
毎月定額制1,000km車検代・自動車税・自賠責・各種メンテナンス費用など
  • 国産全メーカー・全車種の車を取り扱い
    • 全車メンテナンスパックつき!安心して乗れる
    • 車検、税金が「コミコミ」で面倒な手続きは必要なし!

    動画で学ぶ!車リース(京都府編)

    車リースの仕組みがよく分からない方に、こちらの動画がおすすめです。ローンとリースの違いやどんな人にリースは向いてるのかについて分かりやすく学べます。

    車リース人気車種一覧

    車リースの人気急上昇中の車種はこちらになります。お申し込みの参考にして下さい。

    ダイハツミライース、トヨタライズ、ホンダN-BOX、スズキジムニー、スズキハスラー、トヨタヤリス、トヨタプリウス、ダイハツムーヴキャンバス、スズキアルト、トヨタアクア、ダイハツタント、日産デイズ、スズキスペーシア、スズキエブリイワゴン、ホンダN-WGN、スズキワゴンR、トヨタパッソ、スズキアルトラパン、トヨタシエンタ、日産ルークス、トヨタヴォクシー

    京都府の方向けはじめての新車リースQ&A

    車リースに関するQ&Aです。

    Q.車リースのメリットは?

    車リースのメリットは、

    • 頭金不要で新車に乗れる
    • 月々の支払額が抑えられる
    • 税金・車検・保険など車の維持費がコミコミ
    • メンテナンスが楽

    です。

    Q.車リースのデメリットは?

    車リースのデメリットは、

    • 走行距離が決められている
    • 購入よりも支払総額が高くなる
    • 期間中の解約が原則できない
    • カスタマイズに制限がある
    となります。

    Q.車リースに向いている人?

    日常生活に車は必須だけど、できるだけ毎月の出費を抑えたい。車検や車の故障などの急な出費が厳しい。あまり車に詳しくないので、メンテナンスを任せたいといった方におすすめです。

    つまり、

    • 月々の支払額を抑えたい人
    • まとまった資金がない人
    • 車のメンテを任せたい人
    • あまり長距離乗らない人
    といった条件が当てはまる方におすすめのサービスです。

    Q.車リースに向いていない人?

    逆に車リースに向いていない人は、下記の条件に当てはまる人です。

    • まとまった資金がある人
    • 車のメンテを自分でできる人
    • 自分好みにカスタマイズしたい人
    • 走行距離が多い人

    一括で購入できる十分まとまった資金があり、車が好きで、ご自身でメンテナンスすることができる方は、車リースよりも購入がおすすめです。

    Q.安い車リース会社はどこ?

    頭金なし、ボーナス払いなしの条件で月額費用を抑えるなら、定額カルモくんがおすすめです。定額カルモくんは最長11年という業界初のリース期間で、月額料金を大幅に抑えることができます。

    車を売りたい方向けコラム

    故障で動かなくなった車を、廃車処理しようとすると、諸費用が数万円かかるので、専門の不動車買取業者を探して買取をお願いしたほうがいいです。

    ネットで調べると、専門で動かなくなった車の買取をしている業者が探せます。

    廃車手続きを自分でするよりも買取してもらうようにするとかえって面倒がなくていいかもいれません。

    自動車の売買契約後に買取の価格を減らされてしまったり、クーリングオフ不可というトラブルが多く発生しています。

    契約書を詳細に読んでおかないと後になって困るのは自分なので、面倒だと思わず読むようにしてください。

    特に、キャンセル料が必要かどうかは重要なことなので、しっかりと確かめるようにしましょう。

    個人で売却する場合にはトラブルが起きやすいですが、車査定だとトラブルを心配しなくてすみます。

    個人売買のときには、車の納品に関わらず、代金の回収が困難であったり、お金を支払ったにも関わらず車の納品がされないという危険性があります。

    売却してから購入者から苦情がくることも珍しくありません。

    必ずしもそうなるというわけではないのですが、自動車を売却したお金は課税対象となることがあるのです。

    個人所有の自動車であり、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

    車の使用目的がレジャー等にまで広がってくると、所得税の課税対象となるケースが出てくるので注意しましょう。

    具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

    仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、不明瞭な点があったら確定申告を行う際に申告署の作成時にきちんと税理士に確認しましょう。

    新車を買うときにはディーラーに車を下取り依頼するのもよくありますが、その場合に下取り車と一緒にスタッドレスタイヤを買取は頼めるのでしょうか。

    本当のところディーラーによって対応が違い、高く査定額で、買い取ってくれることやタダで処分引取りになる場合もあるので、出来れば、事前、確認しておいたほうがいいでしょう。

    中古車査定サイトを使おうとする時には、提携業者の確認をしっかりとしましょう。

    一括査定サイトの中には、自分が暮らす地域に対応していないようなマイナーな業者が多いこともありますし、売却しようと思っている車種の買取を苦手としている業者さえあるのです。

    どんな業者かを見定めて、自分に見合うサイトなのか判断をしてみてください。

    手持ちの車を買い取りに出すときに、その車の車検がまだ1年1ヶ月以上残った状態ならば、買取店舗によっても幾らか変わるでしょうが、おおよそ数万円くらい査定額がアップします。

    車検の残りが1年以下のケースでは幾分残りがあったとしても見積もりに影響を及ぼしません。

    車検までの期間が長い方がプラス査定になるからと言って、車検を実施して直ぐに売却をしてもあらかじめ車検をするために掛かった以上の金額が査定価格に足されて得することは無いのですから、事前に手間をかけて車検を通すのは無意味です。

    愛車を査定に出したら、契約した後に減額されたり、もしくは引き取られた後に減額されていたという噂をたまに聞いたりします。

    普通は、引取り後は減額しないというのが常識です。

    取引をしている時、売買契約書にサインする前に、取引後に減額される可能性を指摘されていたか、また、いかなる理由で減額をしたのかなどによって相手に求められる対応は変わることになります。

    仮に理由があったとしても、自分では納得できないという状況だと車の買取をキャンセルし、取引を中断するのも良いです。

    車を買い替えるにあたっての査定ですが、これは必ずいくつかの会社に頼んだ方が良いです。

    一社だけに査定額を出してもらうのは、良いことではありません。

    なぜならば、別の業者に査定を出していれば、もとの査定額を大幅に上回る額が出ていたかもしれないからであり、その可能性については十分考慮すべきです。

    相場やマニュアルがあるとしても、買取業者が違えば評価は変わり、査定額は違ってきます。

    そうであれば、できるだけ高い値段をつけてくれる業者を利用するべきでしょう。

    ありがたいことに、今日では一括査定サイトという便利システムが使えますから、煩雑な手続きなどは、必要ありません。

    車の買取を検討していたので、ネットの簡単査定を利用してみました。

    車は高級外車のアウディで、5年くらいしか乗っていなかったので、結構な高値で売れることも期待していたのですが、予想に反して安い額を付けられたので驚きでした。

    査定をお願いした業者の担当の人に来てもらって色々と話を聞いてみたら、「今時は軽自動車の方が外車より買取額が高い」という事実を聞かされ、ショックでした。

    京都府の方向け車リースのお役立ち情報

    おすすめ1位の定額カルモくん

    京都府で新車リース申込なら